機関鬼神アカツキ <1>

1月 1, 2014 by
Filed under: ファミ通文庫 

機関鬼神アカツキ1 (ファミ通文庫)

著:榊 一郎 イラスト:Tony

「━━あかつき」
「夜明けに、出会ったから。そしてこれから、明るい刻が、始まりますように」
「あか……つき……」
「多分、この世には神様も仏様も、実際にはいないけれど。でも、そう願うくらいは……良いと思うの。祈るのではなくて。ただ、願うだけでも」

ファミ通文庫2013年12月の新刊。約4日の積み。『茉建寺エリノアの非主流科学研究室』から丸1年、榊さんが復活です。
って、『エリノア』打ち切られたのか……。まぁ、全然売れ線じゃなかったもんな……。いや、元から単発想定だったのかもしれん(震え声)
タイトルの「機関鬼神」は「カラクリオニガミ」と読みます。

イラストはゲームのキャラデザなんかでお馴染みのTonyさん。オリジナルラノベの挿絵を担当するのは初めてだそうな。

さて、舞台は架空の江戸時代。復讐に生きる主人公、暁月は機関将こと上級機関甲冑〈紅月(こうげつ)〉を駆り、仇である九十九衆を追っていた。
謎の少女、沙霧(さぎり)との出会いは彼に何をもたらすのか……というお話。

一応歴史+ロボットということで、ぶっちぎりで売れ線から遠ざかっている件。おいおい、大丈夫か……と思ったけど、ファミ通文庫編集部担当からの要求なのな。
榊さんとしてはMF文庫J『イコノクラスト!』、ファンタジア文庫『ウィークエンド・メサイア』に続いてロボットもの3作目か。
あ、ハヤカワ文庫JA『ザ・ジャグル』もロボットものだから、4作目か。

どっちかというと、黒榊なんだけど、正直『ストレイト・ジャケット』『イコノクラスト!』『クラック・ハウンド』辺りを読んだ後だと、この程度で黒とか言われても困るレベル。

機関甲冑のデザインは何と『機動戦士ガンダムOO』『フルメタル・パニック!』等でお馴染み、海老川兼武さん。
キャラデザもさることながら、アニメ化仕掛ける気満々でクソ吹いた。

タイトルの「アカツキ」はロボットの名前じゃなくて主人公の名前なのかよw
もしかしたら、いずれ主人公機〈紅月〉をアカツキと呼ぶ展開になるのかもしれんけど。

榊さんの持論である、文字媒体でロボットものをやるときは、これでもかというくらいに設定を積み上げて、それっぽさを出すってのがあったと思うんだけど、やっぱり本作もブリブリ設定が書かれてます。
巻末には設定集も付いてる。

〈紅月〉はどうやら御杖代の里が造っていた機関将12体の13機目らしいが。良いよね、隠された番外機って設定。

また、暁月は「悪魔の証明」って言葉を劇中で無意識に使ってるけど、もしかして未来から来た存在とか、そんなんか?あるいは、この舞台が2巡目の世界とか。
劇中で言われている、親を持たずに突然発生する鬼って存在も別の世界から来た何者かと考えると、しっくりくる気がしないでもないが。

一番気になるのはMF文庫J『ミカヅチ』と被る固有名詞がわんさか登場するところ。あっちには重要キャラとして、長い時間を生きている明月(あかつき)って居たし、御杖代の姓や、琴音、紅蓮と偶然にしては被り過ぎてると思うんだよなぁ。

パッケージングから受ける印象だけだと、いかつい内容としか思えないけど、Tonyさんの絵を有効活用するために、ちゃんと美少女も色々登場するので、そこは安心していただきたい。

そんな具合で面白くなりそうな気配ビンビンの新シリーズ『機関鬼神アカツキ』でした。
榊さんとしては売れ行き次第でストーリーの長短を調整出来るようにしているっぽいけど、これだけアニメ化したいのほぉおぉおおおおおお感出しておいて滑ったら凄い恥ずかしいよな……。

燃:A 萌:A 笑:C 総:A

シリーズリンク
機関鬼神アカツキ <2>(2014/03)

著者リンク
ザ・ジャグルⅠ 汝と共に平和のあらんことを(ハヤカワ文庫JA、2010/01)
ミカヅチ(MF文庫J、2010/02)
棺姫のチャイカⅠ(ファンタジア文庫、2010/12)
ダブルバインド 黄昏に獣は踊る(C★NOVELSファンタジア、2011/09)
その男、魔法使い“A” <1>(2011/11)
アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者 <1>(講談社ラノベ文庫、2011/12)
タタリ・ブレイカー弑子(HJ文庫、2012/04)
神曲奏界ポリフォニカ エイフォニック・ソングバード(GA文庫、2012/05)
アーク・ブラッド A.D.5000のアダム(C★NOVELSファンタジア、2012/09)
フェアリィフィールド 妖精戦陣(朝日ノベルズ、2012/11)
茉建寺エリノアの非主流科学研究室(2012/12)
仮想天使は魔術を詠う(スマッシュ文庫、2013/03)
蒼穹騎士 -ボーダー・フリークス-(ハヤカワ文庫JA、2013/06)
ドラゴンズ・ウィル 完全版(富士見書房ソフトカバー、2013/09)
神鎧猟機ブリガンド(ダッシュエックス文庫、2014/11)
熾天使空域 銀翼少女達の戦争(C★NOVELSファンタジア、2015/03)
蒼鋼の冒涜者(HJ文庫、2015/05)
カタナなでしこ(講談社タイガ、2016/01)
ウィッチ・アームス 魔法少女は素敵なお仕事(ダッシュエックス文庫、2016/06)
永き聖戦の後に ストレイ・シープ(スニーカー文庫、2016/11)
パラミリタリ・カンパニー 萌える侵略者 1巻(講談社ラノベ文庫、2017/05)
誰が為にケモノは生きたいといった(ファンタジア文庫、2018/02)
Zの時間(HJ文庫、2018/04)
終末のアダム(講談社ラノベ文庫、2018/10)
嫁々いみぐれーしょん(講談社ラノベ文庫、2018/11)
メイドな狐と監禁コン!(美少女文庫、2019/04)
妖精狙撃 エルフ・ウィズ・サイレントアサシン(ファンタジア文庫、2019/08)
いつか仮面を脱ぐ為に ~嗤う鬼神と夢見る奴隷~(スニーカー文庫、2019/09)
竜姫のヴィオラ 生贄は最強の魔物と恋に落ちて(美少女文庫、2019/09)
覇逆のドラグーン1 ~落伍竜機士は運命の姫と、暁の極光世界を翔け上がる~(HJ文庫、2019/10)
奴隷志願なエルフさん ~お買い上げありがとうございます、ご主人様!~(美少女文庫、2020/01)

Comments

Tell me what you're thinking...
and oh, if you want a pic to show with your comment, go get a gravatar!