ライジン×ライジン2 RISING×RYDEEN

ライジン×ライジン2  RISING×RYDEEN (富士見ファンタジア文庫)
著:初美 陽一 イラスト:パルプ ヒロシ

「ねえねえ、今どんな気持ち?完全に騙されてどんな気持ち?毒とか本気にしちゃった?そんな毒あると思っちゃった?今の心境をカメラに向けて一言ドーゾ?」

2012年4月の新刊。約1ヶ月1週間の積み。3ヶ月振りの新刊。
総扉のスク水は評価する。って、見開きの入浴シーンと合わせて、イメージイラストなのかよ!期待させやがって……。
それぞれの能力を示すアイコンのデザインが良いな。1巻からあったっけか。

さて、今回はアウトローが集まった組織、『再世(リ・バースデイ)』が動き出す。同時に、アウトローを無慈悲に倒していくストレンジャーも現れて……というお話。

目次の章タイトル一覧で吹いた。「ッターン!」じゃねーよw
ってか、内容とほぼ関係ねーじゃねーか!

2巻にして早くも新ヒロイン、瑠璃花が登場し、どうせ、この娘もチョロくデレるんだろうなーと思っていたら、そうはならなかった衝撃。
まぁ、次巻くらいでデレるんだろうけど。

で、ゲルネタをもっと掘り下げてほしいのに、ラブコメ方向へ特化しそうな気配。と思いきや、何故かシリアスバトル展開で次巻へ続く
え、まぢで……?

燃:B 萌:A- 笑:B+ 総:A-

シリーズリンク
ライジン×ライジン RISING×RYDEEN(2012/01)
ライジン×ライジン3 RISING×RYDEEN(2012/08)

いつか天魔の黒ウサギ10 校庭で笑う魔女

いつか天魔の黒ウサギ10  校庭で笑う魔女 (富士見ファンタジア文庫)
著:鏡 貴也 イラスト:榎宮 祐

「起きたの?」
「起きてたの」
「あれ、そなの?」
「うん。で、大兎が目を覚ましたから、大兎好きー。って叫ぼうと思ったけど。大兎が私の頭を撫でてくれようとしたから、いまは撫でられ待ちしてます」

2012年4月の新刊。約1ヶ月の積み。4ヶ月振りの新刊。『大伝説の勇者の伝説11 ニンゲン総代』からは隔月刊行。

さて、宮阪高校を守るため、結界の敷設、情報操作に大忙しの生徒会。そんな中、月光に璃依音が接触してきて……というお話。
最近、話が進んでるんだから進んでないんだか、よー理解らんようになってきたな……。

事実が明らかになったと思ったら、すぐに引っ繰り返されるから何が本当なのか全然判らん。と思っていたら、何やら一度月光に下った筈の黒守先生が黒幕……なのか?いやいや、油断は出来ないぞ……。

鬱要素しか見当たらないから、大兎とヒメアのイチャイチャが一服の清涼剤ですね。って、前にも書いたような気がするな……。

あれ、表紙に居るのに、遥の出番皆無じゃね?

後書き曰く、後2冊らしいんだけど、本当に終わるんだろうか……。
巻末には、イラスト担当榎宮さんの小説デビュー作となる『ノーゲーム・ノーライフ』の宣伝が載っている。MF文庫Jなのに。

次は2012年6月に『真伝勇伝・革命編 堕ちた勇者の黒い伝説』7巻、7月に『紅月光の生徒会室』5巻。

燃:A 萌:A 笑:B- 総:A+

シリーズリンク
いつか天魔の黒ウサギ9 終末を嘆くカラス(2011/12)

いつか天魔の黒ウサギ 紅月光の生徒会室 <5>(2012/07)
いつか天魔の黒ウサギ11 悪魔と魔女と生徒会長の恋(2012/11)

アクエリオンEVOL 第21話「接吻」

5月 29, 2012 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ 

「俺、MIXが男になっても、ちゃんと愛せるのかな……?」

最近、アンディの株が鰻昇りなんだけども。

さて、MIXの救出は叶わなかったものの、アルテアから無事帰還したアマタ達。直観でミコノさんの危機を感じたアマタは命令を無視してベクターで、彼がミコノさんと初めて出会った街へと戻ってくる。

後を追ってきたゼシカが瓦礫の下敷きになって、アマタだけ逃がすシーンは名シーンだと思うんだけど、果たしてゼシカはどういうポジションに落ち着くんだろうか……。
彼女に限ってはハッピーエンドが想像し難いんだが。

ゼシカ、シュレード、MIXと問題が何一つ解決していないところへ、アマタとカグラが同じ存在である、みたいなことが言われて、次回へ続く。
ヴェーガとアルテアはパラレルワールドの関係にあるということなのか?

燃:A 萌:A 笑:C 総:A

エピソードリンク
第20話「MI・XY」
第22話「復活の翼」

這いよれ!ニャル子さん 第6話「マーケットの中の戦争」

5月 29, 2012 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ, GA文庫 

「絶望が貴方のゴールね!」

前半は平成ライダーネタが多めだったな。中の人繋がりでプリキュネタとかやっても良いのよ。
いやしかし、お母さん美人だな。

原作4巻の話は前半で終了してしまい、後半は海+温泉。こんな話、原作にあったっけ?
皆の着ている水着はEDのものと共通だったり、そうでなかったり。基準が理解らん……。

って、次回へ続くの?

燃:C 萌:A 笑:B 総:A

エピソードリンク
第5話「大いなるXの陰謀」
第7話「碧いSAN瑚礁」

ハイスクールD×D12 補習授業のヒーローズ

ハイスクールD×D 12  補習授業のヒーローズ (富士見ファンタジア文庫)
著:石踏 一榮 イラスト:みやま 零

『……不思議だ。あんなにも不快に感じていたあの歌が……いまは力強く感じる。……ククク、俺も本格的に壊れてきたか……』
「いや、いいんじゃねぇかな、ドライグ。これはきっとそういうあったかい歌だ。そうさ、俺はとある町の隅っこで、笑いながら、天気の日でも、嵐の日でも、おっぱい探して飛んでいく━━おっぱいドラゴンだ……ッ!おっぱいが大好きだからよっ!皆のところに帰らなきゃダメだよなっ!」

ヒーロー帰還。

2012年4月の新刊。約1ヶ月の積み。3ヶ月振りの新刊。
表紙はまた部長かよ!2巡目に入るのは良いけど、部長ばっかり出て来るのは面白くないなぁ。もっと色んなヒロインに表紙を飾ってほしいよな。ってか、レイヴェルとかギャスパーとかをですね……。

さて、第3章クライマックス。イッセーを失ったグレモリー眷属は戦う気力までも失ってしまっていた。
まぁ、イッセーが戻って来るのなんて、予定調和で判り切ってる展開なわけだけど、それでも1ページ目から涙腺爆発した俺です。
当然脳内BGMはアニメOPだよな!

イッセーの身体から分離した8つの『兵士』の駒。この内4つが『変異の駒』となっていることが判明。4つがこれまでのパワーアップの影響で変異したのだとしたら、最低でもイッセーは後4回のパワーアップを残しているということか……?恐ろしい子!

また、サマエルの呪いで滅んだ肉体をグレートレッドの力で再び受肉させたため、グレートレッドとの合体が可能に。
『天元突破グレンラガン』序盤みたいなノリになってきてワロタ

決して予想外の展開ではない、むしろ予想通りの展開なんだけど、王道ど真ん中で、これで燃えないわけがない。
男臭くても全然問題無いぜ!

今回も『電蜂』要素を匂わせる描写が。アニメ関係の仕事が多くて、なかなか手を付けられてないらしいけど、いつになったら日の目を見るんだろうか……。

にしても、今回イラストが全体的に怖めじゃね?レイプ目の朱乃さんとか木場の腕の断面とかイッちゃったギャスパーとか。

次は2012年9月に13巻『イッセーSOS』。短編集らしいです。Blu-ray付き特装版があるけど、多分通常版を買うと思います。

燃:S- 萌:A 笑:B+ 総:S-

シリーズリンク
ハイスクールD×D11 進級試験のウロボロス(2012/01)
ハイスクールD×D13 イッセーSOS(通常版)(2012/09)

BIG-4 2.ククク……ついに勇者が現れたか。ってぼくの妹じゃねーか!?

BIG‐4 2.ククク……ついに勇者が現れたか。ってぼくの妹じゃねーか!? (富士見ファンタジア文庫)
著:大楽 絢太 イラスト:ワダ アルコ

「山田、次号のイグ通でクロスレビュー書かないか?実は今のイグ通のクロスレビュー、オレ一人で書いているから、実は何もクロスしていないんだ」

2012年3月の新刊。約2ヶ月1週間半の積み。4ヶ月振りの新刊。
今回もやはり、サブタイで大体の内容は判る。ただ、もっと妹、雫の出番が多いのかと思ってたんだけど、最初と最後しか出て来ないワナ。

基本的には、1巻と同じノリ。ただ、洗練されてきたのか、俺の感覚が麻痺してきたのか、面白くなってきた気がする。
ってか、アディ可愛いよアディ。何でも命令出来るとか、いやらしいことしか思いつかないな!!

魔界にはエクスガリバーという名の武器屋があるらしい。デビューシリーズとは関係無いんだろうけど、こういう遊び心嫌いじゃないわ!

次は2012年7月に3巻『四天王選手権?勝てるわけないだろ、ぼくはただの人間だぞ!?』。

燃:C 萌:A 笑:B+ 総:A

シリーズリンク
BIG-4 ぼくの名前は山田。目覚めたら四天王になってました。(2011/11)
BIG-4 3.四天王選手権?勝てるわけないだろ、ぼくはただの人間だぞ!?(2012/07)

 

アクセル・ワールド #08「Temptation;誘惑」

5月 28, 2012 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ, 電撃文庫 

「何故なら、俺の妹がこんなに可愛いわけがない!!」

ランドセル・ワールドにフルダイブ!!

さて、原作2巻『紅の暴風姫』編に突入。着実にバーストリンカーとしてレベルアップするハルユキがある日、帰宅すると、親戚を名乗る見知らぬ少女が居て……というアレ。

リア充ラブコメ展開クルー?と思いきや、その少女の正体は2代目、赤の王《スカーレット・レイン》だったのだ。
とはいえ、まごうことなき小学生キャラということで、Twitterでは、かの蒼山サグ先生が荒ぶっていたらしい。
にしても、ハルユキの乳首券発行とか誰得なんだよ。

一方、今後シリーズを通してキーとなる災禍の鎧がちらっと登場。OPの最後で《シルバー・クロウ》が戦ってるのってコイツか?

燃:A+ 萌:A 笑:B+ 総:A+

エピソードリンク
#07「Restoration;修復」
#09「Escalation;激化」

デート・ア・ライブ04 五河シスター

デート・ア・ライブ4 五河シスター (富士見ファンタジア文庫)
著:橘 公司 イラスト:つなこ

「琴里。琴里。おまえは俺の可愛い妹だ。この世で一番の、自慢の妹だ!もうどうしようもないくらい……大好きだ!愛してる!」
「ふ……ッ、ふぇ━━っ!?」
「琴里……ッ!おまえは、俺のこと、好きか!?」
「そ、そんなこと急に言われても━━」
「琴里!」
「あ、ああっ……もうッ!」
「好き!私も大好きよ!おにーちゃん大好き!世界で一番愛してる!」

妹と、ちゅっちゅしよう!

この非常事態に水着回だぜいやっほぉおおおおおおおおお!!

2012年3月の新刊。約2ヶ月1週間半の積み。約4ヶ月振りの新刊。『蒼穹のカルマ』8巻からは連続刊行。
表紙はサブタイ通り霊装に身を包んだ琴里。ふつくしい……。

さて、士道のピンチに駆け付けた琴里だったが、その力は不安定で、狂三には逃走を許してしまう。
前巻から直接続いているので、章カウントはそのまま。

折紙と真那は病院送りということで、その内、真那は今回全く出番がありません。どういうことなの……。
まぁ、四糸乃に出番があったから、それで満足したけど。

士道から完全に力を取り戻した琴里の力を再び封印するためには、デートしてデレさせる必要があるということで、士道は妹とデートすることに。
今までのパターンと違い、よく知った人物が相手なので楽勝だぜ!となるかと思いきや、〈ラタトスク〉のことを知っている分、余計やり難かったでござるの巻。
作戦会議中の〈ラタトスク〉の人達のテンションおかしいだろw

琴里は元から精霊というわけではなく、普通の人間だったが、何者かによって精霊にさせられてしまったことが判明。
士道が精霊の力を封印出来ると琴里に教えたのも、その何者か。
また、狂三も何者かによって士道の存在を教えられている。両者が同一人物かどうかは現時点では判らないが、その可能性は高いよなぁ。

つーか、令音さんが怪しいと思うのは俺だけ?名前から「レイ=零」って考えるのは捻くれ過ぎかなぁ。
まぁ、今回はお兄ちゃん大好きな琴里可愛いよ琴里ということでひとつ。

そして、すっかりみんな忘れてそうだけど、狂三再び……か?次の次くらいかな。
次は夏に5巻、冬に6巻らしい。

燃:A 萌:A+ 笑:B+ 総:A+

シリーズリンク
デート・ア・ライブ03 狂三キラー(2011/11)
デート・ア・ライブ05 八舞テンペスト(2012/08)

KAMENRIDER DRAGONKNIGHT 第22話「セイレーンの帰還」

5月 27, 2012 by · Leave a Comment
Filed under: 特撮 

KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT VOL.6 [DVD]

「お前は仮面ライダーの名を汚した!」

よく考えたら、スピアーってファイナルベント使わないまま退場したんだな。まぁ、映像的に面倒臭いってのはあったんだろうけど。

キットはスピアーをベントしたことを思い悩む。お父さんが時折、キットに語りかけてくるのはキットの妄想なのか、それともお父さんが何らかの力でテレパシー的なものをアレしてるのか。

で、弟をベントされて黙ってられないダニーはゼイビアックスの命令を無視してキットを始末しようとする。
いや、あんだけ悪いことやっといて、今更そんな情に熱いとこアピールされても……。

アックスに圧倒されるドラゴンナイト。そこへ現れるセイレーン。変身者であるケイスはレンと同じくベンタラのライダーらしいんのだが……。
よっしゃ、これからはみゆきちの声が毎回聴けるぜ!

燃:A 萌:B 笑:C 総:A

エピソードリンク
第21話「兄弟の最期」
第23話「服従か復讐か」

スマイルプリキュア! 第17話「熱血!あかねのお笑い人生!!」

5月 27, 2012 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ 

「ナチュラルパワーは野生の力!キュアゴリラ!!」

女の子しかプリキュアに

変身出来ないって誰が

決めたんだ?

今回は『フレッシュ』以来の芸人ゲスト回。まさかジャンクションまで今回専用になるとは……。
以前からネタでプリキュアの変身シーンをやっていたFUJIWARAを起用。

一応、あかね回という扱いなんだけど、あかね回は基本このサブタイフォーマットになるのかしらん。

さて、街で開催されるお笑いコンテストに出場するべく、ネタの練習に精を出すあかねとみゆき。
お笑いにノリについていけず、終始キョトン顔のれいかさんが可愛い。

コンテストにはゲストとしてFUJIWARAがやって来た。意外とアフレコが上手かった件。
憧れのFUJIWARAに会えたあかねは大興奮。頬を染めてハシャギまくりやないか!

既に完成されている5人のボケツッコミ構成に気付いたFUJIWARAに勧められ、みゆき達は5人でコンテストに出場することに。
まさかのチーム名ゴプリキュア
って、「ゴプリキュア」じゃなくて「ゴ・プリキュア」なのか。グロンギみたいだな。

彼女達の家族が一部観に来てるんだけど、さらーっと、みゆきのお父さん初登場じゃないか。

ウルフルンとアカオーニも、会場を悲しい気持ちにさせようとコンテストに出場。ノリノリだな!
遅れてきたマジョリーナと合流するのかと思いきや、この2人の出番はここだけ。何しに来たw

新開発したツマラナクナ~ルをFUJIWARAに装着するマジョリーナ。更にバッドエンド空間を生成、コンテストのポスターを素体に、赤鼻と青鼻アカンベエと同時生成。

お笑いを馬鹿にするマジョリーナに、FUJIWARAが目覚める。原西さんは自ら考案した変身ポーズでキュアゴリラに変身。
変身までの流れが完全にサニー以降の覚醒フォーマット通りだわ、変身シーンのSEが自前だわでクソワロタ
また、妙にクオリティ高いんだよなw
「スマイルチャージ」って言ってたけど、名乗りは微妙にフレッシュ準拠。

FUJIWARAのお笑いへの拘りを見たサニーは熱血。サニーファイヤーで赤鼻を撃破、レインボーヒーリングで青鼻を撃破。
良い具合に盛りあがったな。

一見、ゲスト芸人回と見せかけて、3幹部初全員出撃だったりアカンベエ2体同時生成だったりで割と重要回だった件。

そして秋公開予定の映画のサブタイが『絵本の中はみんなチグハグ!』に決定。『フレッシュ』以前のノリに戻るのかな。

燃:A+ 萌:A+ 笑:A+ 総:S-

エピソードリンク
第16話「れいかの悩み!どうして勉強するの!?」
第18話「なおの想い!バトンがつなぐみんなの絆!!」

次ページへ »