フェアリィフィールド3 妖精夢想

2月 28, 2014 by · Leave a Comment
Filed under: 朝日ノベルズ 

フェアリィフィールド3 (朝日ノベルズ)
著:榊 一郎 イラスト:BLADE

『生きてるってのは、自分以外の何かを殺す事だ。良いとか悪いとかじゃないんだよ。いいか。本物になるってんなら、本当に生きるってんなら、自分の意思で、殺して見せろ』

2014年2月の新刊。約6日の積み。半年振りの新刊。お、3巻は早いなとか思ったけど、超気のせいだったでござる。

さて、表紙から判るように水着回です。これで水着回じゃなかったら酷いよなw
って、最終巻なのかよ!
南の島でタツキ達はフェアリィ開発者の記録に触れることになり……。

そんなことより、脇役のミユキさんの水着姿が超エロイな!前巻で登場したときはそんなに良いキャラだとは思わなかったのだが……。

まさか本作のテーマに絡めて『グレートマジンガー』の主題歌を使ってくるとは……。
ただの熱血ソングの筈なのに終盤で出て来たときは感動的に思えてくるから困る。

今巻のお遊び要素は『神曲奏界ポリフォニカ』よりオミテックの登場。あったなぁ、そんな企業

総評

そんな具合で、榊さんの朝日ノベルズ進出となった美少女ドールでサバゲーな『フェアリィフィールド』全3巻、これにて終了。足掛け1年3ヶ月か。

うーむ、キャラに愛着が湧く前に終わってしまったな……。フェアリィの数をもうちょっと減らせば、1キャラ辺りの描写にページを割けたのかしら。
まぁ、キャラを減らすと今度はフェアリィコンバットのシーンが微妙なものになってしまうかもしれんが。
フェアリィ同士のやりとりも、もっと読みたかったな。

そもそも俺はコンバットアクションやドール的な要素には殆ど興味が無いんだよな。
後書きでは一区切りと言ってるけど、復活する可能性ってあるんだろうか……。

燃:C+ 萌:A+ 笑:B 総:A

シリーズリンク
フェアリィフィールド2 妖精触媒(2013/08)

2014年2月GA文庫とファンタジア文庫と朝日ノベルズとMF文庫Jとコミカライズ新刊と既刊

色々買ってきました。ラノベは、

・俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる <7>
・深山さんちのベルテイン <3>
・ハイスクールD×D17 教員研修のヴァルキリー
・おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! <9>
・俺と彼女が下僕で奴隷で主従契約 <2>」
・コンプリート・ノービス02 憂鬱なソーサラー
・機巧少女は傷つかない13 Facing “Elder Empress”

それからラーメン奢ったら、まそっぷがくれたよ!やったー!

・最弱無敗の神装機竜(GA文庫)

の計7冊。
GA文庫では、『聖剣使いの禁呪詠唱』がアニメ化決定。順当に来たかなーという印象。

ファンタジア文庫では『姫狐の召使い』が4巻で完結かーと思っていたら、GA文庫『織田信奈の野望』が『全国版』と銘打って移籍刊行決定。ナンバリングはそのままでいくみたいなんだけど、こりゃアニメ2期発表と共に新装版出るなw
あれか、イラストはみやまさんのままみたいだけど、『ハイスクールD×D』で既に繋がりがあるから、引っ張ってき易かったのかな。

『ドラグリミット・ファンタジア』は2巻終了だったらしい。そりゃ、あのパッケージングではなぁw

MF文庫Jでは『星刻の竜騎士』アニメが4月から放送開始。制作はC-Stationとかいう、あまり聞かないところ。
流石に一気に発表した5本全部がマッドハウス制作ってことはなかったか。

ボーダーは、

・フェアリィフィールド3 妖精夢想

の計1冊。
コミカライズは、

・バロックナイト #1
・新妹魔王の契約者 <2>

の計2冊。

フェアリィフィールド2 妖精触媒

8月 24, 2013 by · Leave a Comment
Filed under: 朝日ノベルズ 

フェアリィフィールド 2 妖精触媒 (朝日ノベルズ)
著:榊 一郎 イラスト:BLADE

「見くびるな。古来より『男子三日会わざれば割礼してみよう』と言ってだな」

怖ぇよw
2013年8月の新刊。約1日の積み。9ヶ月振りの新刊。後書きで間が空き過ぎたって言ってるけど、ラノベでも、そこまで珍しいほど遅い刊行ペースじゃないし、別に問題無いと思うけどなぁ。
それに売上が良かったからこそ出せた2巻だし。

実は榊さんのノベルス系の作品で2巻目以降を出すのは、これが初めてか。『クラック・ハウンド』は予定に上がったことはあったけど、結局立ち消えになったみたいだし。

さて、本物と偽物というテーマはそのままに、今回は恋愛関係の内容に焦点が当てられたエピソードとなっている。
アカネの気持ちに決着がつくかと思ったけど、別段そんなことはなかったんだぜ。

ゲストキャラの結末にしたって、彼等はそうだというだけで、他の人達もフェアリィと人間は別物と考えるかどうかは判らないよなぁ。

大体、今回登場してる技術自体が、人間とフェアリィのサイズが異なるからイチャイチャしづらい?だったら、人間がフェアリィと同じ大きさになればEじゃNAI!って代物だしな。
いや、色々な分野に活かせる技術とは言われているけれども。

今回はお遊び要素として、榊さんの著作であるファンタジア文庫『君の居た昨日、僕の見る明日』の鈴乃宮学園のセーラー服が出て来ましたね。
劇中では、「キミ☆ボク」というアニメらしいが。

後書きで言ってるけど、これはアニメ化したら超映えそうだよな。それに、キャラ数が多いから、文章だけだと、各々のビジュアルイメージが固定し辛いんだよな。挿絵も多いとは言えないし。
正直、まだセリスの外見すら曖昧にしか憶えてない俺です(ぉ

燃:B 萌:A 笑:B+ 総:A

シリーズリンク
フェアリィフィールド 妖精戦陣(2012/11)
フェアリィフィールド3 妖精夢想(2014/02)

2013年8月GA文庫とファンタジア文庫とガガガ文庫とスーパーダッシュ文庫とMF文庫Jとオーバーラップ文庫と朝日ノベルスと見送り分と買い逃しとコミカライズと漫画新刊

色々買ってきました。ラノベは、

・ヴァルキリーワークス <2>
・スカイ・ワールド #05
・甘城ブリリアントパーク #02
・ぼくのゆうしゃ <2>
・やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 <7.5>
・オトメ3原則! <5>
・緋弾のアリアⅩⅤ 哿と銀氷
・烈風の魔札使と召喚戦争 <1>

それから見送っていたり、ネットでの評判で気になったりのものを。

・フルスケール・サマー(電撃文庫)
・学校の外階段 <3>(ファミ通文庫)
・リーディング・ブラッド 最強の血統(ファミ通文庫)
・リーディング・ブラッド 月影の秘事(ファミ通文庫)

の計12冊。
GA文庫では、新シリーズ『最弱無敗の神装機竜(バハムート)』がスタート。また装甲少女ものかよw
しかも女学園に入学らしいし……。
最近のGAって、MFのノリに近くなってきてないか?

『聖剣使いの禁呪詠唱』はイメージソング制作決定。無名の人が歌うんならともかく、悠木さんと竹達さんとか、アニメ化しそうだな……。

『のうりん』アニメはSILVER LINK.制作で2014年1月放送開始。PVを見た感じだと、ファミ通文庫『バカとテストと召喚獣』アニメっぽい仕上がりになってそうだから楽しみだ。
イジメさえ無ければ、素直に楽しみなんだけど……。

ファンタジア文庫では、『スカイ・ワールド』がドラゴンエイジでコミカライズ決定。
『甘城ブリリアントパーク』もアニメ化決定。

ガガガ文庫では、『とある飛空士の恋歌』が2014年1月から放送決定。前は秋って言ってたのに、変更になったのかしら。
まぁ、10月開始が減るのは有り難いが。

『GJ部』アニメは続編制作決定。2期じゃなくて続編って言ってるのは『中等部』をやるつもりなんだろうか。

MF文庫Jでは、『僕は友達が少ない』の新刊だけが、27日発売となっている。何、その微妙なズレ……。
『盟約のリヴァイアサン』はコミックアライブで連載決定か。

オーバーラップ文庫では、折り込みチラシの裏面が全部『IS〈インフィニット・ストラトス〉』情報でワロタ
オーバーラップ公式サイトでは、シャルをヒロインに据えたコミカライズ『IS〈インフィニット・ストラトス〉 シュガー&ハニー』が連載中だそうで。

更にはOVAっぽいものやらゲーム化やらで、プッシュし過ぎだろ……。

でも、噂によると9月発売予定の新刊が延期したらしいじゃないですか。アニメ放送前から、やらかすとか、どういうことだよw

ボーダーは、

・フェアリィフィールド2 妖精触媒

の計1冊。
コミカライズは、

・やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 -妄言録- VOL.2
・緋弾のアリアAA <Ⅵ>
・緋弾のアリア <Ⅷ>
・精霊使いの剣舞 <2>
・犬とハサミは使いよう <3>

の計5冊。
漫画は、

・聖☆おにいさん <9>

の計1冊。

フェアリィフィールド 妖精戦陣

11月 25, 2012 by · Leave a Comment
Filed under: 朝日ノベルズ 

フェアリィフィールド 妖精戦陣 (朝日ノベルズ)
著:榊 一郎 イラスト:BLADE

『賭ける命があるというなら、それは私達が生きているという 証。だからこそ、引く訳にはいきません。タツキさんや、アカネさん、コトコさんや、キョウさんや、その他大勢の生きている人達の為に━━命を賭けて、命を 拾う、それが出来てこそ、私達は誰憚る事無く、本物になれる!』

朝日ノベルズ2012年11月の新刊。約1日の積み。朝日ノベルズに榊さんが初登場。俺も朝日ノベルズとか買うのどころか読むのも初めてです。
イラストはファミ通文庫『まじしゃんず・あかでみぃ』でも榊さんとタッグを組んだBLADEさん。

さて、表紙から何となく判る部分もあるが、美少女メカアクション。しかも一部の人には堪らないであろうドール設定です。
元々はゲーム企画として世界観を起こしたものを流用しているとか。
いやしかし、表紙の色合い綺麗だな。

舞台は戦争が無くなった近未来。主人公タツキは複雑な家庭事情を持つ高校生。
ある日、遠い親戚から疑似戦闘競技フェアリィ・コンバットに参加するためのフェアリィのユニット〈キルロイ〉を譲り受けたことから、彼のフェアリィ・コンバット人生がスタートすることに。
タツキはフェアリィ・コンバットを通して、本物であるとはどういうことかに向き合っていく……というお話。

ある日突然、美少女ドールチックなフェアリィ5体のご主人様になるなんて展開は、いかにもアレでナニだが、そこは榊さん、理論武装具合が半端無い。
やっぱり説得力って大事だよなぁ。

いつも通りのお説教やら、近未来の世界観は味付けで、要は、おいらもご主人様になってフェアリィたんとちゅっちゅしたいお!ってことですよね。
人間の1/3のサイズってのが、エロいこと出来るギリギリを狙ったサイズ設定な気がするなぁw
ちなうんですちなうんです!俺はそういう趣味は持ってないんです!

そもそも、フェアリィのデザインがちょっと露出多めでなぁ。俺は、もうちっとこう、清楚な感じが好きというか。理解るだろ?そうだよ!アレだよ!<意味不明

お遊び要素程度のものだろうけど、『まかでみックス』から懐かしのキャラ達の名前が登場している。
世界観的にまぁ、繋げて繋がらないことはないだろうけど……。

今回は、まだまだプロローグといった感じで。物語が本格的に動き出すのは、これからといった感じ。ライバルキャラのキョウが良い味出してるから、もっと見たいんだよなぁ。
売上次第では続き出したいとは言ってるけど、榊さんがノベルスで続刊出した試し無いしなぁ。うーむ。

燃:A 萌:A 笑:B+ 総:A

シリーズリンク
フェアリィフィールド2 妖精触媒(2013/08)

著者リンク
ザ・ジャグルⅠ 汝と共に平和のあらんことを(ハヤカワ文庫JA、2010/01)
ミカヅチ(MF文庫J、2010/02)
棺姫のチャイカⅠ(ファンタジア文庫、2010/12)
ダブルバインド 黄昏に獣は踊る(C★NOVELSファンタジア、2011/09)
その男、魔法使い“A” <1>(ファミ通文庫、2011/11)
アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者 <1>(講談社ラノベ文庫、2011/12)
タタリ・ブレイカー弑子(HJ文庫、2012/04)
神曲奏界ポリフォニカ エイフォニック・ソングバード(GA文庫、2012/05)
アーク・ブラッド A.D.5000のアダム(C★NOVELSファンタジア、2012/09)
茉建寺エリノアの非主流科学研究室(ファミ通文庫、2012/12)
仮想天使は魔術を詠う(スマッシュ文庫、2013/03)
蒼穹騎士 -ボーダー・フリークス-(ハヤカワ文庫JA、2013/06)
ドラゴンズ・ウィル 完全版(富士見書房ソフトカバー、2013/09)
機関鬼神アカツキ <1>(ファミ通文庫、2013/12)
神鎧猟機ブリガンド(ダッシュエックス文庫、2014/11)
熾天使空域 銀翼少女達の戦争(C★NOVELSファンタジア、2015/03)
蒼鋼の冒涜者(HJ文庫、2015/05)
カタナなでしこ(講談社タイガ、2016/01)
ウィッチ・アームス 魔法少女は素敵なお仕事(ダッシュエックス文庫、2016/06)
永き聖戦の後に ストレイ・シープ(スニーカー文庫、2016/11)
パラミリタリ・カンパニー 萌える侵略者 1巻(講談社ラノベ文庫、2017/05)

イラストリンク
高校受験に必要な数学21分野が全部学べるスタディ・ノベル -天剣少女の方程式-(スマッシュ文庫、2013/09)
閃虹の機巧美神 <1>(オーバーラップ文庫、2014/01)
ダブル・ロール! 坂崎良太郎16歳。ただの高校生ですが勇者と魔王もやってます。(ファンタジア文庫、2014/04)

2012年11月講談社文庫とGA文庫とガガガ文庫と朝日ノベルズとファンタジア文庫とコミカライズ新刊と目録

予約していたものやら何やら、ぞろぞろと。一般は、

・文庫版 死ねばいいのに

の計1冊。
ラノベは、

・完璧なレベル99など存在しない
・神曲奏界ポリフォニカ ディサイディング・クリムゾン
・魔法の材料ございます ドーク魔法材店三代目仕入苦労譚
・やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。⑥
・下ネタという概念が存在しない退屈な世界 <2>
・新生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 上
・H+P⑬ -ひめぱら-
・いつか天魔の黒ウサギ11 悪魔と魔女と生徒会長の恋
・BIG-4 4.続・四天王選手権!くそ、たまには、ぼくもちょっと本気出すか!?
・冴えない彼女の育てかた <2>
・黒鎖姫のフローリカ
・アリストテレスの幻想儀典 1.禁忌の八番目

の計12冊。

何で今更電撃文庫を買ってきたかというと、大垣書店が電撃文庫を買った人にだけ目録を配っていたからです。
ケチケチすんなよ!普通に配布しろよ!と思わないでもないけど、ボリュームがボリュームだからなぁ。

GA文庫では、『IS〈インフィニット・ストラトス〉』を意識しまくりの新シリーズ『ハンドレッド -ヴァリアント覚醒-』なんてものが出ましたが、はてさて人気作となれるのか。
個人的には『IS』ほどタイトルが格好良くないなぁ、と。
『魔材』は積み過ぎて完結したっぽいでござる。

第5回GA文庫大賞では、「ボッチの帝王学 -経営学を極めた俺様が女ばかりの異世界では家畜扱いなんですけど!?-」と「安心と信頼の全裸率―18%」が気になりますね。

ガガガ文庫では、新シリーズ『セックス・バトルロワイヤル!』のタイトルが酷過ぎて萎えた。何の捻りも無く、ただただ下ネタじゃねーか!
来月は森田季節さんの新作が登場。遂にガガガにまで来たか……。

『はまち』アニメは2013年4月からだそうで。『ささみさん』はシャフト制作で1月から。
『GJ部』も1月からということで、流石に同レーベルアニメ3本同時スタートとはならんか。

暫くガガガ文庫を買ってなかったから、メディアミックスの話をしないままだったんだけど、その間に、『寄生彼女サナ』がコンプエースで、『GJ部』がサンデーGXで、『ささみさん』がサンデーで、それぞれコミカライズ。
週間漫画誌でラノベのコミカライズが連載されるのは初めてなんじゃないかしら。

ファンタジア文庫の話はドラマガ読んだときに。

ボーダーは、

・フェアリィフィールド 妖精戦陣

の計1冊。
コミカライズは、

・なれる!SE Vol.2
・涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 <07>
・長門有希ちゃんの消失 <5>

の計3冊。