ダンタリアンの書架 <8>

2月 29, 2012 by · Leave a Comment
Filed under: 角川スニーカー文庫 

ダンタリアンの書架8 (角川スニーカー文庫)
著:三雲 岳斗 イラスト:Gユウスケ(グリーンウッド)

「誰が私の知り合いですか、この痴れ者、愚か者。そいつは暗黒大陸の密林に棲息する、通りすがりの火噴きゴリラなのです。おおかた里帰りの途中なのです」

2011年7月の新刊。約7ヶ月4週間の積み。3ヶ月振りの新刊。
前巻でザスニ掲載分はラストと思わせておいて、今回はアンコール分の2話を収録。
概ねいつも通り。お菓子のおまけ本コンプリートの話は皮肉が効いているというか何というか。

で、アニメのオリジナルエピソードを収録した限定版の発売も決定して、まだまだ盛り上げるつもりかと思いきや、急遽発売中止となり、打ち切りになったでござる。
編集部と揉めたんだとか。スニーカーの編集部って悪い噂しか聞かない気が……。

総評

ってなわけで、ダリアンの罵られたい踏まれたい『ダンタリアンの書架』全8巻、これにて打ち切り終了でござる。
本当は7巻で終わりたかったって、じゃあ、フランとかラジエルは一体何だったんだよw

連作短編形式自体は悪くないと思うんだけど、エピソードごとの繋がりが余りにも無さ過ぎた気がするんだよなぁ。
巻を重ねるごとに、読姫同士の接触が増えていく、みたいな展開だったら良かったのに。

あと、ダリアン可愛いよダリアン。
あ、コミカライズは続くみたいですね。

燃:C 萌:B+ 笑:C+ 総:B

シリーズリンク
ダンタリアンの書架 <7>(2011/04)

生徒会探偵キリカ <1>

2月 29, 2012 by · Leave a Comment
Filed under: 講談社ラノベ文庫 

生徒会探偵キリカ1 (講談社ラノベ文庫)
著:杉井 光 イラスト:ぽんかん⑧

「バイはホモを呼ぶっていうだろう?」

講談社ラノベ文庫2011年12月の新刊。約2ヶ月3週間半の積み。著者の杉井さんは電撃文庫『神様のメモ帳』なんかでお馴染みですね。
この人、電撃出身なのに、ホント色んなレーベルで書いてるよな。
タイトルからしてコメディ寄りの話っぽかったので購入。

イラストはガガガ文庫『やはり俺の青春のラブコメはまちがっている。』やスーパーダッシュ文庫『獅子は働かず聖女は赤く』などでお馴染みのぽんかん⑧さん。

さて、超マンモス校に編入した主人公、牧村ひかげは成り行きで生徒会に入ることに。彼はそこで出会った、会計の少女キリカの補佐をすることに。キリカには会計の他に兼任している役職、探偵がって……というお話。

ヒロインがコミュ障の探偵で、主人公が詐欺師呼ばわりされるって、それ、『神様のメモ帳』ですやん。いや、『神メモ』読んだことないけど。
一応、あっちでは出来ていないことをやってるらしい。

粗筋によると、ハイテンション学園ラブコメミステリらしいんだけど、大層にアオるほど、どの要素も強くない気がするぞ。
いや、別に作りが雑ってわけではないんだけど、インパクトに欠けるというか……。

ぽんかん⑧さんの描くヒロインが可愛いけど、それよりもマスコットのウサギさんの可愛さが異常。

どうでも良いけが、「ちびくまくん」を「ちくびまん」に空目したのは俺だけではない筈だ。

次は2012年4月に2巻だけど、これはもう良いかなぁ。あ、コミカライズが決まっているらしいですね。

燃:C 萌:A 笑:B+ 総:B+

剣の女王と烙印の仔Ⅰ(MF文庫J、2009/04)
シオンの血族1 魔王ミコトと千の花嫁(一迅社文庫、2010/03)
花咲けるエリアルフォース(ガガガ文庫、2011/02)

イラストリンク
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(ガガガ文庫、2011/03)

デジモンクロスウォーズ 時を駆ける少年ハンターたち #75「夢の遊園地、デジモンランド!」

2月 26, 2012 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ 

「もっと自分の夢を大切にしろよ!」

デジクオーツに作られた遊園地デジモンランド。半ば無理矢理連れて来られた子供達だったが、いざ来てみると遊園地の楽しさに夢中に。
だが、それはセフィロトモンとジョーカーモンの罠だった。
ってか、こいつら、素のビジュアルが悪人面過ぎるだろ……。ジョーカーモンはまだしもセフィロトモンはかなりのアレ。
誰か気付けよw

今回出てるデジモンの内、何体かはコンテストの入選作なんじゃなかったか。
最近、挿入曲が流れても、どうせ中途半端なところで終わるんだろ?と身構えてしまうが、今回も案の定だった。
ブツ切れではないが、戦闘の途中で曲が終わっちゃうという。

そして、いよいよ次回、太一とアニキがクル━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!やっとか……やっとなんか……。

燃:B+ 萌:C+ 笑:C+ 総:B+

エピソードリンク
#74「レアカードが消えた!無敵のルークチェスモン」
#76「黄金昆虫!メタリフェクワガーモンの謎」

スマイルプリキュア! 第4話「直球勝負!風のキュアマーチ!!」

2月 26, 2012 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ 

「勇気リンリン直球勝負!キュアマーチ!!」

キャンディの頭についてる黄色の部分は髪……なのか?今回、ブラシをかけて形を変えてたけど、髪なのか体毛なのか耳なのか……。というか、玩具販促以上の意味は無さそうだ……。

さて、理不尽な上級生にもストレートにものが言えるなおに感激したみゆきは彼女が4人目のプリキュアに相応しいと考える。
やよいのキャンディキャラ弁が本気過ぎてワロタ
全国のお母さん泣かせな人だな……。

さらーっと登場したイケメン、入江生徒会長は今回のイケメン枠なのか。最初から空気化しそうな雰囲気が凄いが。
れいかが副会長だから、その関係で接点があるのだろうか。

学校で、なおに接触しようとするみゆき達だったが、人気者の彼女になかなか接触出来ない。
そこで、休日になおの家に押しかけようとするが、慣れない街で迷ったでござるの巻。
偶然、なおに会えなかったら詰んでたな……w
髪下ろしてるみゆきはもっと長いこと映しても良いのよ。

6人兄弟の緑川家は大騒ぎ。なおが家事を担当しているのは、片親とかそんな理由かと思えば、両親とも居るらしい。仕事が忙しいとか、そんなんか。
ちびっこの相手に疲れたみゆきは、あかねとやよいを増援として呼ぶことに。
実は今回、みんなの私服初登場か。

今回出撃してくるのはアカオーニ。ウルフルンは出番さえ無くなったか。
アイキャッチBのキャンディは1話と同じになったが、3パターンしかないのか?

河川敷で緑川兄弟と遊ぶみゆき達。そこへアカオーニが現れたから、さあ大変。
変身シーンの分割は前回と大して変わらずだが、パフを頬に当てた後のカットが1番可愛いのに、そこをカットするとは何事か。

サニーの変身は見れば見るほど、格好良いんだよなぁ。名乗り直前の「太陽まぶしっ」ってアクションが良い。
ってか、よく見ると、サニーのメインカラーって赤なのか。スマイルチャージしたときに光るのが赤のジュエルなんだな。え、オレンジじゃねぇの……。

キュアピースはまさかのパーだった件。放送開始前から、じゃんけんするんじゃねーのって言われてたけど、1人だけバンクにバリエーションあるなんて、はは、まさかなって舐めてたら、本当にあったワナ。
「今日のピカリンじゃんけんはパーでした!」でクソワロタ

バンクが変わるだけの遊びかと思ったら、ちゃんとみんなが言及していて二度吹く。これは最早『サザエさん』と全面戦争するしかないな!

アカンベェに狙われたなおの兄弟達を守るため、ハッピーシャワー発動。やはりチャージ時間が短くなっているようだけど、早々と撃ち過ぎだろ……。

なおの覚醒はサニーの声で。で、やはりハッピーの声を聞いて、正体を悟ってしまう流れ。
ピースなんて、このとき喋ってないのにバレたしなw

で、変身シーンかっけぇえええええええええええええええええ!!出だしと最後の決めポーズのカットで風が吹き抜けるのが凄ぇ。絶妙のカメラワークと言わざるを得ないな!。
思わず、なおさんと、さん付けしちゃうイケメンっぷり。

グリーンプリキュアって9年目にして、まだ2人目なんだよな。属性は風ということで、明確にキュアミントと違うのも面白い。
サニーが「じゃんけんポンとは大違い」で格好良いって言ってたけど、どこまでじゃんけんイジり倒す気やねんw

変身直後に髪ぽよぽよすんなw
いや、丁度良い位置にあるのは理解るが。

スポーツをやっているからか、戦闘能力が半端無い。必殺技は風の球を打ち出すマーチシュート。素直にシュートか。ウインドとかかと思ってたわ。
ってか、キュアルージュのファイヤーストライクと是非合体させてほしいところ。

あれ、今回サニーとピース、仕事してなくね?仕事の内訳としては、

・ハッピー→ハッピーシャワーで攻撃を相殺
・サニー→ツッコミ
・ピース→ピカリンじゃんけん

なんじゃこれwwwww
ってか、サニーが1ボケに1ツッコミで返してるから、凄い大変そうだなw
いやしかし、これで『オールスターズ』での、りんさんの負担が軽減されそうだ。

EDのサビでカメラがぐるぐる回ってるカットがかなり好きになってきた件。

何故か予告が短かった件。まさか、今後15秒バージョンになってしまうのか……?
え、『ドラえもん』スペシャルのせいなの?ふざけんな!

そういや何故か、このタイミングで『プリキュア5』本が出るということで音速で予約しました。

燃:A+ 萌:A+ 笑:A+ 総:S-

エピソードリンク
第3話「じゃんけんポン♪でキュアピース!!」
第5話「美しき心!キュアビューティ!!」

仮面ライダーフォーゼ 第24話「英・雄・願・望」

2月 26, 2012 by · Leave a Comment
Filed under: 特撮 

「いえ、ただのフィーリングですけど」

どうも、ヒーローとしての名前はキッグナスだけど、ゾディアーツとしての正式名称はキグナス・ゾディアーツらしい。紛らわしいなw

さて、キグナスのスイッチャーを捜すライダー部。弦太朗とユウキはもう一度、アヒルの会に接触、江口に話を聞くが、そこへまたもや鬼島が現れる。やっぱり良いキャラしてるなぁ。

キャンサー・ゾディアーツは装甲が硬いだけじゃなく、ハサミの切断力も凄い。シールドがスパッといかれるレベル。

で、判明するキグナスのスイッチャー。それは江口で、スイッチを使ったときにゾディアーツとしての人格が生まれたということだった。
校長も特別なケースって言ってたけど、この要素って今後効いてくるのかな。

江口は弦太朗達の説得で、スイッチを手放すことにするが、アヒルの会はそれを許さなかった。
会員全員で囲んで、無理矢理ラストワンのスイッチ押させるとか怖過ぎる。宗教は一度入ったら抜け出せないってことなのか。

アヒルの会に関しては最後のフォローが無かったけど、キグナスが人質を取るのを見ただろうし、自然解散したのかな。

キグナスから人質を解放するために36番エアロとマジックハンドを使用。マジックハンド便利だな。

一度ボコられた恨みがあるからか、キグナスはメテオが撃破。最輝星が輝くまでもなく、撃破されたキグナス。
流星が最輝星を待たなかったのは、それだけやられた恨みが大きかったのか?

フォーゼはキャンサーにリベンジ。ウインチでハサミを使えなくしてから、ファイヤーであぶるという。
これなら何とか勝てそうだな……。

燃:A+ 萌:B+ 笑:B+ 総:A+

エピソードリンク
第23話「白・鳥・同・盟」
第25話「卒・業・後・髪」

特命戦隊ゴーバスターズ Mission1「特命戦隊、集結せよ!」

2月 26, 2012 by · Leave a Comment
Filed under: 特撮 

「一発戦って、一発勝って、一発戻ってくるかぁ!」

シリーズ36作。戦隊名が特殊なタイプになるのは99年の『救急戦隊ゴーゴーファイブ』以来か。
もう「〇〇ジャー」っていうフォーマットから脱出したいんだろうな。
タイトルロゴが斜めになってるのって新しいよな。

ゴーバスターズの3人は常人離れした能力を持つ代わりに、それぞれウィークポイントというものがあるらしく、レッドバスターことヒロムは鶏を見るとフリーズしてしまう。
というわけで、初登場時にいきなりフリーズしてる。しかも実物だけじゃなくて、写真でも駄目らしい。
フリーズは比喩ってレベルじゃなくて、本当に固まるのかw

アバン後のOPはそのまま本編進行。専用映像が見れるのは次回からか。数回聴いたら好きになるタイプか。

舞台はエネトロンと呼ばれるエネルギーが人類の生活をあらゆる方面で支えている近未来。まぁ、近未来っつっても新西暦2012年だけど。

エネトロンを狙うヴァグラスを阻止するべく活動するゴーバスターズ。ブルーバスターことリュウジとイエローバスターことヨーコが登場。
ヴァグラスってのはバスターズ側が勝手に命名した名前らしい。

ヴァグラスの幹部エンターは人間の姿をしている。元人間だったりするのかな。敵幹部に生身の男性が居るのって、『ゲキレン』以来なのか。道理で久し振りな感じがするわけだ。
ヴァグラスの目的は亜空間に居るボス、メサイサをこちらに呼び出すことらしい。そのためには大量のエネトロンが必要だとか。

エンターはメタウイルスをその辺の機械に流し込み、メタロイドを作り出す。今回作られたのはショベルロイド。

ヒロムは姉に反対されて、なかなかバスターズとして戦えないでいた。しかし、ヴァグラスの本格的な活動開始を受けて、戦いに赴くことに。
相棒のバディロイド、チダ・ニックのキャストは藤原啓治さんということで、期待が高まる。
あんまり格好良い系のキャラじゃないっぽいけど。
どうも13年前ってのが全ての始まりみたいだが、その辺の説明は次回か。

ショベルロイドを倒してもいないのに、ヴァグラスの巨大兵器メガゾードが登場。ショベルロイドのデータを素体となるタイプβにダウンロードした機体。
今作は通常戦闘と巨大戦が同時進行することもあるらしい。

ということで、ショベルゾードにはゴーバスターエースで対抗。発進シークエンスでちょっとワクワクしたのは俺だけではない筈だ。
変形シーンはシームレスで吹いた。格好良いじゃん。

アニマルモードに変形しながら戦うのが格好良いけど、頻繁にやってくれるのかな?予算使いそうだしなぁ。

EDのダンスはちょっと楽しそう。
そんなわけで、Mission1でした。靖子にゃん脚本なので安心して視れる気がするな。
前作が『ゴーカイジャー』というインパクト強過ぎの作品だから、霞まないように頑張ってほしいですね。

燃:A+ 萌:C+ 笑:C+ 総:A+

エピソードリンク
Mission2「13年前の約束」

前番組リンク
海賊戦隊ゴーカイジャー 最終話「さよなら宇宙海賊」

ハイスクールD×D 第6話「アクマ、やってます!」

「ミルたんを……ミルたんを魔法少女にしてほしいにょ♪」

今回は原作長編の日常パートと短編を膨らませる構成。ミルたんの存在感wwwww
要所要所で部長が原作2巻に繋がる言動をとっているな。

鎧武者少女スーザンのキャストが川澄さんで吹いた。何という無駄遣いw
次回も短編ですね。

燃:C 萌:A 笑:B+ 総:A

エピソードリンク
第5話「元カノ、倒します!」
第7話「使い魔、ゲットします!」

天体戦士サンレッド <14>

2月 25, 2012 by · Leave a Comment
Filed under: 漫画 

天体戦士サンレッド(14) (ヤングガンガンコミックス)
作:くぼた まこと

「…俺は座ってションベンする怪人と闘ってんのかよ……」

2012年2月の新刊。今回はアニマルソルジャーのフィギュアマスコットが付いた初回特装版も同時発売。
元バイト先の店長に、「漫画知らん私でも欲しいと思ったわ」とか、超誘惑されたけど、通常版にしました。いや、特装版も1回手に取ったけど。
だって、こういうの買ってたらキリないもの!

この特装版、13巻が発売してすぐに申し込みが締め切られてたけど、普通に買えるんかいw

相変わらずの日常を送るレッドとヴァンプ様達。
かよ子さんの寝顔を携帯の待ち受けにするレッドが可愛過ぎるだろ……。

燃:C 萌:A 笑:B+ 総:A

シリーズリンク
天体戦士サンレッド <13>(2011/09)
天体戦士サンレッド <15>(2012/06)

仮面ライダーOOO ディレクターズカット版 FINAL EPISODE

2月 25, 2012 by · Leave a Comment
Filed under: DVD・Blu-ray, 特撮 

仮面ライダーOOO(オーズ)ファイナルエピソード ディレクターズカット版【Blu-ray】

「お前を選んだのは俺にとって得だった。間違いなくな」

さらーっと発表されたボーナス企画。テレビシリーズ47話『赤いヒビと満足と映司の器』、最終話『明日のメダルとパンツと掴む腕』に未公開シーンやカットを追加し、1本にエピソードに再編集したものを発売。
ラストが傑作過ぎたので、ついついBlu-rayを買ってしまいました。

こういう形で最終話が補完されるのって初めてかな?『ディケイド』は怒られたから、最後作り直したって話だけど。

もしかして震災の影響で1話分飛んだことに対する補填なのかとも思ったんだけど、どーなんだろ。

基本的にはストーリーをより深く楽しめるようなシーン追加なんだけど、シーンが増えたことで、ウヴァさんが更に無様なことになっていてワロタ
オーディオコメンタリーでも、みんなに爆笑されてるじゃねーかw
あと、会長こっち見んな。

テレビ放送時には音声の無かったエピローグに台詞が追加。どさくさに紛れて、ユウキの台詞まで入ってんのかよ!

やっぱり『OOO』アツいなぁ。本当に良いシリーズだったよな。みんな、4クールくらいで心折れてんじゃねーよ!

燃:A+ 萌:A 笑:B+ 総:S-

シリーズリンク
仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&OOO MOVIE大戦MEGAMAX

ノベライズリンク
小説 仮面ライダーオーズ

ONE PIECE 巻六十五 “ゼロに”

2月 25, 2012 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ 

ONE PIECE 65 (ジャンプコミックス)
作:尾田 栄一郎

「お前ごときにゃ何も守れねェんだよ!!!」
「いいや…全部守る!!!その為の“2年”だったんだ!!!」

2012年2月の新刊。魚人島編佳境に突入か。
ルフィがエースの技を継承する展開はベッタベタだけど良いよね。摩擦で発火してるってことなのか?

ルフィに続いて、他のメンバーも新必殺技を披露。みんな、パワーアップし過ぎでワロタ

ところで、今回SBSがふざけ過ぎじゃない?いつも、こんな感じか。

燃:A+ 萌:A- 笑:B+ 総:A+

シリーズリンク
ONE PIECE 巻六十四 “10万vs.10”(2011/11)
ONE PIECE 巻六十六“タイヨウへと続く道”(2012/05)

次ページへ »