筆跡鑑定人・東雲清一郎は、書を書かない。

9月 30, 2015 by · Leave a Comment
Filed under: 宝島社文庫 

筆跡鑑定人・東雲清一郎は、書を書かない。 (宝島社文庫)
著:谷 春慶 イラスト:カズアキ

「……そもそも文字はなにかを誰かに伝えるための道具だ。可児盛徳も『文字は伝わらなければ意味がない』と言っていた。思いや願いを捧げる相手がいなければ、ただの記号でしかないんだよ」

宝島社文庫2015年10月の新刊。約3日の積み。献本を頂きました。有り難うございます。このライトノベルがすごい!文庫ですっかり見なくなった谷さんが唐突に宝島社文庫にライトミステリで推参。

一昔前はバトルものとかを書いていた作家さんが萌え萌えなラブコメやら美少女異能バトルやらを書かされていて、魔改造だ……と思ったけど、最近はキャラクター文芸のライトミステリを書かすのが魔改造なのか……w

主人公の女子大生、美咲はある日、祖父が遺した祖母宛ではない恋文を見付けてしまう。祖父の真実を求めて、美咲は同じ大学に通う変人、東雲清一郎に恋文の筆跡鑑定を頼むが……。

そんな具合で筆跡鑑定のスキルを持つ変人イケメン東雲が一般人の美咲を振り回しながら謎を解決していく連作短編集です。
最近流行りのライトミステリなんだけど、俺、こういう一般人の主人公と変人の探偵役が謎を解いていく展開が好きなんだと気付いたわ。
ってか前作でゼウスのチ〇コとか書いていたのと同じ人が書いたとは思えんなw

自分の中に確固たる信念を持ち、その生き方を貫く東雲が格好良い。牙を剥いてくる者には容赦ないのがまた良い。
そのくせ、方向音痴だったり照れ隠しが下手だったりと、これは女子受けしそうですわ。俺もこういうキャラ好きですしね。

美咲と東雲の何だかんだで良いコンビっぷりがもっと見たいので、是非続きを出していただきたい。回収されず仕舞いの要素もチラホラあることだし。

燃:B+ 萌:A 笑:B+ 総:A+

シリーズリンク
筆跡鑑定人・東雲清一郎は、書を書かない。 鎌倉の猫は手紙を運ぶ(2016/06)

著者リンク
モテモテな僕は世界まで救っちゃうんだぜ(泣)(このライトノベルがすごい!文庫、2011/09)
神☆降臨! ロンギヌスの槍は銃刀法にひっかかりますか?(このライトノベルがすごい!文庫、2013/12

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 第11話「テクノブレイク」

9月 29, 2015 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ, ガガガ文庫 

「大丈夫です。奥間さんのヒクヒク穴は既に私達の脳内で取り返しのつかないほど汚されていますから」

何一つ大丈夫じゃないw
さて、OPカットで原作2巻クライマックスです。《頂の白》との激闘が描かれる。

普段は敵対している生徒会との共闘、決着で流れるOPと、そんじょそこらのバトルアニメよりよっぽど真っ当にバトルもので吹いた。何これアツい……。
どう見ても最終回です。本当に有り難う御座居ました。

エピローグで鼓修理の頭頂部から牛乳か何かが吹き出してる絵面、悪意あり過ぎだろw
提供バックの雰囲気がいつもと違うなーと思っていたら、朧役の上坂さんが描いたのかよw

燃:A+ 萌:A 笑:A- 総:A+

エピソードリンク
第10話「ジイ級クエスト」
最終話「下ネタよ永遠に」

フルーツバスケット 第二話・・・

9月 28, 2015 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ, 漫画 

フルーツバスケット 1 [DVD]

「ホストみたい」

透の居候の許可を貰うため本家へと赴いた紫呉。放送当時は原作でも慊人の正体がはっきりとしていなかったため、キャストは男性で設定的には性別不明という扱いらしい。何だよ、性別不明ってw

由希の親衛隊の登場ギャグは出る度にやるんだっけ……?ヌルヌル動くカットだし、使い回したくなる気持ちは理解るけども。

どうでもいいけど、ネズミ化した由希を掌に乗せている状態で彼が人間の姿に戻っても、手首グキッ!ってならないのかな。ホントにどうでもいいな。

燃:C 萌:A 笑:B+ 総:A

エピソードリンク
第一話・・・
第三話・・・

戦姫絶唱シンフォギアGX LAST EPISODE「正義を信じて、握り締めて」

9月 27, 2015 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ 

「泣いている子には手を差し伸べなくちゃね!」

OPカットで最終回開始。
エクスドライブを果たした装者達とキャロル率いるアルカ・ノイズ軍団の最終決戦。エクスドライブの戦闘方法がハチャメチャ過ぎてギャグになっとる。

特に切歌と調が何かモビルアーマーみたいになのに乗っていて吹く。中途半端に手抜きデザインなのがやらしいよな。あれは確信的にギャグだろw
シリアス展開でギャグ少な目になって悲しいなーと思っていたらこれだよw

あと、翼さんとマリアの合体おっぱいな。『境界線上のホライゾン』でも似たようなの見た憶えが……。

技がどんどんインフレしていって、うっかりロボットアニメみたいな勢いに。
最後なんてメカメカしいドラゴンVSビッグバンパンチだったからな……。『スパロボ』に出ても通用しそうw

戦い終わって満身創痍だったキャロルとエルフナインは融合。身体はキャロルを、精神はエルフナインをベースにした様子。
ウェル博士の遺したチップやキナ臭い欧州の動きなど、続編やる気満々じゃないですかー!やだー!
そしてEDはやっぱり『フリューゲル』なんだな。

総評

そんなわけで魔法少女事変勃発なシリーズ第3期『戦姫絶唱シンフォギアGX』全13話でした。
独特なセンスと勢いだけで突破していく展開が健在で楽しかった。ただ、キャラクターが増えてきたので同じストーリーでも2クール使って、じっくりやっていればもっと面白かったのではという思いもある。
まぁ尺を長くすれば勢いが失われて失速するかもしれないけども。

色々と思わせ振りな要素を残しているので4期ありそうですよね。あ、劇場版かもしれんな。

燃:A+ 萌:A 笑:A 総:A+

エピソードリンク
EPISODE12「GX」

シリーズリンク
戦姫絶唱シンフォギアAXZ EPISODE1「バルベルデ地獄変」

Go!プリンセスプリキュア 第34話「ピンチすぎる~!はるかのプリンセスコンテスト!」

9月 27, 2015 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ 

「女の子を可愛く見せるのは笑顔だよ」

よく見たらOPにちゃんと花恵ちゃん追加されてたわ。集合絵の左端ギリに映ってるので多分1秒も映ってないけどw
わざわざ録画をスロー再生して確認したんだぜ。
今回は勿論、クロロが追加。ゆいとミスシャムールのカットに混ざってる。

さて、レッスンパッドでカナタの居場所を占ったところ、どうやらチョコレートと関係のある場所に手がかりがあるらしいことが判る。
丁度、きららが関係のありそうなコンテストの情報を持って来て……。

コンテストに出場するため、きららに色々教わることになるはるはるだが、慣れないことだらけで苦戦。
きららのプロ意識高過ぎワロエナイ

今回はてっきりはるはるメイン回だと思っていたんだけど、はるはるときららが絆を深める回だったのね。OPのナレーションもきららだったし。
最近、きららがトワとイチャついてるから、はるはるが釘を刺しにきた感ある(ぉ

今回出撃してくるのはストップとフリーズ。シャットさんの影響を受けてメイク道具を扱う人を狙っていたけど、その内悪影響を受け始めたりして……。

久し振りにきららの単独変身バンクが拝めたけど、やっぱりクッソ可愛いな。ちゃんとキーホルダーに収まるキーが4本になったバージョンが見れたので嬉しい。

ゼツボーグ出現のときに離れた場所に居たパフとアロマは邪悪の気配を探知し、自らロイヤルモードへ変身する。
ゆいが自分で変身出来るようになったのかと驚いていたけど、今まではプリンセスパレス発動をトリガーにして変身してるだけだったのか。

メイクなんて無くても可愛さ満開の笑顔で特別賞を受賞したはるはるだったけど、肝心のカナタの手掛かりは見付からず。
そんなとき、カナタらしき青年を見付けて……というところで続く。

EDは3巡目に突入。トップバッターはトゥインクルか。
そういえばプリンセスパレスにも固有技があることが判明してるけど、いつになったら使うんだろう。個人回で出るかと思いきや出なかったしな。

燃:A+ 萌:A+ 笑:B+ 総:A+

エピソードリンク
第33話「教えてシャムール♪願い叶える幸せレッスン!」
第35話「やっと会えた・・・!カナタと失われた記憶!」

仮面ライダードライブ 最終話「ゴーストの事件」

9月 27, 2015 by · Leave a Comment
Filed under: 特撮 

「ここが君の本当のスタートライン。さあ、走り出すんだ進ノ介。Start Your Engine!」

OPカットで開始。何故ここにきてサブタイの法則性をガン無視してしまったのか……。
さて、ロイミュードとの決着から数日後、進ノ介は以前から追っていた犯罪組織ネオシェードの事件の捜査を進めていた。

これは『シークレット・ミッション』等で出て来ていた組織ですね。
ネオシェードは眼魂(アイコン)と呼ばれる不思議なアイテムを持っていて……。

本願寺課長の部屋に、しれっと仮面ライダー純の写真が飾られていて草。
1ヶ月前にも進ノ介達はネオシェードとぶつかっていた。回想シーンではロイミュードと手を組んでいたネオシェードに立ち向かうドライブ、マッハ、チェイサーの姿が。
今回のドライブ達の出番はここだけということで、完全に変身ノルマのためだけの登場でした。

捜査を進める中で、見えない敵に襲われる進ノ介。これがゴーストが戦うことになる敵、眼魔。
今回出て来たのは、いわゆる雑魚怪人扱いの眼魔コマンドだと思う。
怪人デザインはあの島本和彦さんなんだけど、結構戦隊寄りのデザインだよな。

眼魂を手にした者にだけ見えるようで、ネオシェードが持っていたニュートンゴーストアイコンを持った進ノ介にも見えるようになるが、変身出来ないので為す術が無い。
そこへ颯爽と現れ、眼魔を撃破するゴースト。変身した状態での登場で、ギミックのお披露目も一切無し。
いやしかしゴーストドライバー、横から見ると凄い前に出っ張ってるなw

ゴーストと一緒に行動し、色々とやかましくするマスコット、ユルセンも先行登場。悠木碧さんの声も相俟って良いキャラになりそうだ。

前回のゴーストとの遭遇が関係してくるのかと思っていたけど、進ノ介が何処かで会ったような気がすると感じただけという。

ネオシェードの構成員として登場した男、岡村を演じるの仮面ライダーライア/手塚を演じた高野さん。こんな顔だったっけ……。何かもっと濃い顔だったような……。

ゴーストが貸してくれたニュートンの力で一時的にドライブドライバーの力を取り戻す進ノ介だったが、彼はそれに頼らずに事件を解決する。
ゴーストとのコラボ回だと思っていたら、ガチで『ドライブ』のエピローグだったでござる。
って、ドライブとゴースト、共闘してねぇw

そして晴れて捜査一課へ転属となった進ノ介。明日へと走り出す彼の姿で物語は幕を閉じる。勿論締めは『SURPRISE DRIVE』で。
霧子と進ノ介のその後は最後に語られた。霧子は案の定、進ノ介と結婚、息子の英志を授かることに。
進ノ介は長きに渡って活躍したんだとか。

番組最後に重大発表とかいうから、「あー、『MOVIE大戦』の宣伝始まるのかー」と思っていたらVシネマ『ドライブサーガ』の『仮面ライダーチェイサー』発表だったでござる。不意打ち過ぎるw

しかもマッハより先にチェイサーが出るのかよ。どうも劇中で語られなかったエピソードを映像化する模様。
限定版に入手困難になっているブレイクガンナーの新バージョンと新バイラルコアが付属するそうな。

総評

そんなわけで脳細胞がトップギアな平成ライダー第16作『仮面ライダードライブ』全48話、これにて完結。
従来の2話完結方式に戻って、いつもの平成ライダーに戻ったという感じでしたね。事件を解決しているだけの頃はちょっとダレたけど、ラスト1ヶ月の盛り上がりは凄かったよな。
進ノ介役の竹内さんは良い役者さんだった。ここぞというときの演技がアツかった。

問題はシフトカーというアイテムだよな。どうにもあのミニカーといった感じのデザインがしっくりこなかったんだよな。
刑事ドラマっぽく仕上げた世界観から浮いているというか。まぁ、俺が車に対して全く興味無いから余計にそう感じるのかもしれんけど。
各シフトカーに個性があるって設定もあまり活かされなかったしなぁ。

来週からは平成ライダー17作『仮面ライダーゴースト』が始まります。

燃:A+ 萌:B+ 笑:B+ 総:A+

エピソードリンク
第47話「友よ、君はだれに未来を託すのか」

シリーズリンク
・仮面ライダーゴースト 第1話「開眼!俺!」

手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの31「ニンジャ逃走中!」

9月 27, 2015 by · Leave a Comment
Filed under: 特撮 

「ゆけっ、タヌキ!」
「ムジナですがね」

何でも頭に「忍者」って付けりゃ良いってもんじゃないぞw
今回の十六夜流忍者はムジナ。良いとこ取りの術を喰らったニンニンジャーは良いとこを次々と取られてしまって……。
霞の良いとこが天晴に入ってしまい、冷静で分析屋な天晴が爆誕。こんな個性入れ替わりが色々見れるのかと思いきや、この1パターンだけでした。ズコー

さほど苦戦することもなくムジナを撃破するニンニンジャー。
しかし十六夜流忍者の手裏剣4つを手にした九衛門がオトモ忍カラクリキュウビを召喚したから、さあ大変。

今までの戦いはニンニンジャーのオトモ忍のデータを収集するためのものだったということで、オトモ忍の攻撃が通用しない。
このカラクリキュウビって戦隊職人シリーズあたりで商品化されるのかしら。
そういうわけで次回は新ロボ登場回か。もうちょっと引っ張っても良かったのよ。

そういえば、しれっとデカレンジャーと一緒にEDダンスを踊っている動画が公開されていて草。
バンだけ1人、別の場所で踊ってるので間に合わせで撮った感が凄いw

燃:A 萌:A- 笑:B+ 総:A+

エピソードリンク
忍びの30「ねらわれた忍者塾!」
忍びの32「ゲキアツ忍者!アチャー!」

1/144 SCALE MODEL HG GUNDAM00-66 ダブルオークアンタ

9月 26, 2015 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ, ホビー 

0164561_img_package_813

このキットは出たときから気になってはいたんだけど、当時は買おうと思うほどガンプラ熱が高まってなかったのでスルーしていました。

アシンメトリーなデザインが結構好きなことに気付いた俺です。
対話のために開発された機体ということで劇中で激しく戦闘していたイメージはあんまり無いんだけど、エクシアから受け継がれたセブンソードの思想はGNソードビットとして残っている。

ビットなので全部が手で持てるわけじゃないんだけど、7本のソードが合体して完成するバスターソードがクソ格好良い。
緑のクリアパーツが綺麗なんだよなぁ。機体本体のカラーと絶妙にマッチしてる。

機体全長と並ぶくらいのサイズで、かつ持たせても重みに何とか耐えるようになっている。その内へたってくるかもしれんけど。

で、GNドライブ搭載の機体お馴染みのクリアパーツのはめこみで案の定、苦戦するっていうアレ。あのはめこみ苦手なんだよなぁ……。

付属の台座がラメ入りクリアパーツで無駄に綺麗。クアンタの雰囲気に合ってるから良いんだけど。

そんな感じで数年前のキットとはいえ、流石主人公機といったところかダブルオークアンタでした。
すっかり忘れた頃にELSクアンタが出たりしないかしらw

燃:A+ 萌:C 笑:C 総:A+

【ラノベ感想】りゅうおうのおしごと!【1巻】

9月 26, 2015 by · Leave a Comment
Filed under: GA文庫 

りゅうおうのおしごと! (GA文庫)
著:白鳥 士郎 イラスト:しらび 監修:西遊棋

そうです。これが、おもひでおうてです。

GA文庫2015年9月の新刊。約1週間の積み。『のうりん』11巻と同時発売で白鳥さん、の4番目のシリーズがスタート。
既にヤングガンガンにてコミカライズの連載、ドラマCD化が決まっているという押しっぷりでアニメ化待ったなしと思われる。
何故かカバーの質感が気持ち良いタイプ。多分『ふぁみまっ!』と同じやつだと思う。

イラストはラノベの挿絵をあれこれ担当しているしらびさん。何故か担当するシリーズがことごとく短命という……。

さて、新シリーズの題材は何と将棋。将棋を扱ったラノベといえばファンタジア文庫『MA棋してる!』や電撃文庫『王手桂香取り!』ですね。え?『野﨑まど劇場』?1機増えるのは将棋じゃねーんだよw
にしても、これまた執筆に時間のかかりそうなネタを選んだな……。

史上最年少で竜王の称号を得た主人公、九頭竜八一は称号を得てからというもの、連戦連敗続き。
そんな彼の元に、弟子入り志望の少女あいがやって来て……というお話。

これまでのシリーズに比べると圧倒的にギャグが控えめで、挿絵の入れ方もほぼ普通。せいぜい半ページ挿絵があるくらいか。
放尿から始まったので、もっとはっちゃけたネタをぶっ込んでくるかと期待したんだけども。

構成としては八一の再起と、あいの棋士としての成長の2本柱で、勿論ラノベらしく可愛い女の子も沢山出て来る。
既に相当な人数がいるので、ある程度巻数が出れば人気の出て来るキャラもいるであろう。

とにかく将棋が好きで好きで堪らない人達の、将棋に対するひたむきさが描かれていく。小学校に入学する前にプロになるか決めていないと遅いとかまぢ。
そう考えると、結構闇の深そうな業界にも思えるけど……。
次は2016年1月に2巻。

燃:A- 萌:A 笑:A- 総:A

シリーズリンク
りゅうおうのおしごと! <2>(通常版)(2016/01)

コミカライズリンク
りゅうおうのおしごと! <1>(2016/01)

著者リンク
蒼海ガールズ! The Mistress of Blue Water ep.1 -Welcome aboard!-(2009/08)
のうりん(2011/08)
のうりん <11>(2015/09)

イラストリンク
彼女を言い負かすのはたぶん無理(スマッシュ文庫、2010/11)
一年十組の奮闘 ~クラスメイトの清浄院さんが九組に奪われたので僕たちはクラス闘争を決意しました~(MF文庫J、2012/08)
僕は友達が少ない ショボーン!(アライブコミックス、2012/08)
ご覧の勇者の提供でお送りします(ファンタジア文庫、2014/03)
神楽坂G7 崖っぷちカフェ救出作戦会議(スーパーダッシュ文庫、2014/06)
災厄戦線のオーバーロード(ファンタジア文庫、2015/01)
ラノベのプロ! 年収2500万円のアニメ化ラノベ作家(ファンタジア文庫、2016/12)

 

スポンサーリンク



2015年9月宝島社文庫新刊

9月 26, 2015 by · Leave a Comment
Filed under: 宝島社文庫, 雑記 

献本を頂きました。有り難うございます。

・筆跡鑑定人・東雲清一郎は書を書かない。

の計1冊。

次ページへ »