【ラノベ感想】アイサレワールド I really, truly surrender to you. 冬美原久真部の解決日誌 1巻

8月 31, 2015 by · Leave a Comment
Filed under: HJノベルス 

アイサレワールド I really, truly surrender to you. (HJ NOVELS)
著:望 公太 イラスト:Mika Pikazo

「大胆不敵でただ単に素敵、だいたい無敵なこの冬美原久真が、お相手してあげようじゃないか」

HJノベルス2015年8月の新刊。約2日の積み。主にweb小説初の異世界チーレムを刊行するレーベルに望さんが登場。
読める!HJ文庫という無料webサイトで連載されていたものを単行本化。タイトルの「冬美原久真」は「ふゆみはらひさま」と読みます。

HJノベルスって初めて手に取ったけど、カラー口絵も挿絵もあるからサイズと値段を除けば普通のラノベと変わらんな。

主人公、究理(きゅうり)は、世界の恋人を自称するくま子先輩に振り回される毎日。ある日、くま子先輩の運営するサイトに既に自殺している少女からの書き込みがあって……というお話。

まぁ大体いつも通りの捻くれっぷりなんだけど、これは別にライトミステリとして推す必要無かったんじゃないかなぁ。
ちょっとミステリって堂々と言うには弱いんじゃないかと。いや、昨今の風潮として、そういう売り出し方の方が良いんだろうけど。

ミステリ要素なんて別に要らないから、捻くれた言葉遊び的な話を延々してくれても良いのよ。
にしてもディオガグラビドンとかオメガナツカシス

現在、サイトでは前日譚が連載されているそうなので、そちらも単行本になるだろう。

燃:C 萌:A 笑:A- 総:A

著者リンク
異能バトルは日常系のなかで(GA文庫、2012/06)
ウチのクラスの頼りないラスボス(HJ文庫、2013/01)
黒き英雄の一撃無双 1.受難の女騎士(HJ文庫、2013/10)
異界神姫との再契約Ⅰ 暴風再愛(2014/12)
最強喰いのダークヒーロー(GA文庫、2016/06)
ラノベのプロ! 年収2500万円のアニメ化ラノベ作家(ファンタジア文庫、2016/12)
最悪探偵(NOVEL 0、2017/02)

イラストリンク
物理的に孤立している俺の高校生活(ガガガ文庫、2017/02)
キラプリおじさんと幼女先輩(電撃文庫、2017/03)
美少女作家と目指すミリオンセラアアアアアアアアッ!!(スニーカー文庫、2017/07)

スポンサーリンク



BRIGADOON まりんとメラン 第4話「虹をもとめて」

8月 30, 2015 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ 

ブリガドーン まりんとメラン 2巻 [DVD]

「OH!年寄りのハナミーズ!!」

精神的ショックを受けたまりんは学校を休んでしまう。彼女を守ろうとした筈なのに逆に傷つけてしまったメランは思い悩み、アンプルの中へ。

秀太爺ちゃんとマイクが物凄い大仰な機械で壊れてしまったまりんの眼鏡を治していて吹いた。あれ、フレームを溶接で繋げてたんだろうか……。
回想シーンで幼いまりんが持っていたのってゴルディオンハンマーじゃね?

雨の中、1人彷徨うまりんはグリリバと出会う。思わせ振りな台詞を呟くから、まりんは「未来から来た歴史観測委員か」と尋ねるが、彼はそれを肯定してしまう。
一体その正体は……。1回視てる筈なのに全然思い出せないよ!やったー!

液体モノマキアの襲撃に、傷だらけになりながらもまりんの元にアンプルを届けてくれる萌ちゃん。
そんな彼女の姿に、まりんはどんなときでも味方になってくれる友達が1人でも居れば良いと気付くのだった。

メランの独白によると、彼は長い時間を神社のアンプルの中で過ごしていたみたいですね。

燃:B+ 萌:A 笑:B+ 総:A

エピソードリンク
第3話「鈍色き雲間から」
第5話「ソーダ色の空の下」

Go!プリンセスプリキュア 第30話「未来へ!チカラの結晶、プリンセスパレス!」

8月 30, 2015 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ 

「みんなの思いと一緒に!」
「この手で!」
「この足で!」
「未来を切り開く!」
「それが私達の力!!」

映画かよ!!

人間界へと現れた城ゼツボーグ。スカーレットが緑ロックの相手をして時間稼ぎをしてくれている間に、はるはる達は城の内部へ突入し、キーを奪還することに。

城の内部にキーがあることを感知するアロマ、城へと瞬時に辿り着けるパフということで、今年の妖精、優秀過ぎるな……。
更にアロマは単身、青ロックと衛兵ゼツボーグ×2を引き受ける。ガッツあり過ぎだろ……死ぬぞ……。

玉座の間に辿り着いたはるはる達の前に当然、本体ロックが立ち塞がる。生身でキーの元へと走るはるはる達だけど、危ない危ない死ぬ死ぬ死ぬ!
パフのアシストもあり、何とかキーを解放することに成功。変身バンクではちゃんとホルダーに付いてるキーが4本に。

キーを解き放ったことで城ゼツボーグは消滅。ロックはベースとなっていた力を取り込み超獣化。あれ、何か不細工な恐竜みたいなのになったな……。

トリニティエクスプロジオンが効かないのは予定調和だけど、また戦闘のクオリティがクッソ高くてなぁ。完全に映画レベルですわ。どんだけ動くねんと。
スカーレットも合流して反撃開始。

プリンセスプリキュアの強い思いとプレミアムキーが奇跡を呼ぶ。ホープキングダム城がパワーアップアイテム、プリンセスパレスへと変化。それは良いけど、王城無くなって大丈夫なのか、ホープキングダム……。ディスダークを倒したら元に戻るのかもしれんけどさ。

プリンセスパレスに4本のプレミアムキーを刺してモードエレガント、サクラ、サンゴ、ギンガ、サンが発動。今回は上半身のデザインも大きく変わり、やっぱり白ベースのデザインになるのかw
必殺技はプリキュア・エクラエスポワール

今回も単独技あるのかな。

倒されたロックからはパーカーが消え、それは再び絶望の溜まった錠前に戻った。それを咥えた黒い鳥はいずこかへと飛んでいく……。

結局、ロックの目的はディスピアの下僕で収まらずに自分自身がディスダークの王になるってことだったんだな。まだ出番あるのかしら。
そういや今回シャットさん一切出て来なかったけど、どこ行ってたんだろう。

いやしかし、ホント今年は盛り上げるべきところで頭イカレてんじゃないのかってくらい盛り上げてくるな。スタッフ、何人か死んでるんじゃね……?って心配になってくるw
EDは一巡してフローラバージョンに戻りましたね。

そして次回、新幹部とクローズさん復活クル━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!??

燃:A+ 萌:A+ 笑:B+ 総:S

エピソードリンク
第29話「ふしぎな女の子?受けつがれし伝説のキー!」
第31話「新学期!新たな夢と新たなる脅威!」

仮面ライダードライブ 第44話「だれがハートを一番愛していたか」

8月 30, 2015 by · Leave a Comment
Filed under: 特撮 

「今こそ冷徹な機械に戻ろう」

ブレェェェェエエエエエエエエン!!

戦いの余波を受け負傷した霧子を見舞うチェイス。彼はいよいよ霧子の真意を聞きに行くが、リアクションが進ノ介と全く同じで吹くw
飲み物を零しまくるところも同じか。
失恋したチェイスだったけど、人間らしい感情を得た彼はどこか誇らしげで。

りんなさんはピコピコの小型化に成功した上、量産型マッハとでも言うべき警察用のドライバーの試作品を完成させていた。
これにより本願寺課長が仮面ライダー純に変身。凄いどうでも良いサプライズw
いかにも量産型って感じのデザインが良いね。
どうせなら現さんに変身してもらいたかったけどな。
ただ、どうやらまだ不具合があるようで戦闘は無理そう。

ブレンはメディックに仕込まれたプログラムの正体を看破し、一計を案じることに。そのため蛮野に服従する演技を。

004の開発したシグマサーキュラー。それは超進化態から集めたエネルギーをゴルドドライブに集中させるための装置だった。
処分に困った余剰エネルギーはメディックへと流して、同時のロイミュード達の回復手段を奪うという卑劣な作戦。
ここまでゲスい悪役ってライダーでは珍しいんじゃね?

ブレンはここでメディックに仕込んでいた端末を自分に移すことで余剰エネルギーの流れ込む先を変更、自ら犠牲となるのだった。同時にメディックは心を取り戻す。
やっぱり初期から出ていた幹部が終盤で退場すると否応なしに盛り上がるよな。
雑魚ロイミュードを6体、ブレンと004も死亡して残り11体

益々パワーアップした蛮野に勝てる術は果たしてあるのか……。
公式サイトでは映画とどうリンクしているかの解説が公開されているので復習しておきましょう。

ところで久し振りの『シークレット・ミッション』はルパンが再登場するそうです。撮影目撃情報が出回ってたから再登場は知ってたけど『シークレット・ミッション』だったか。

燃:A+ 萌:A- 笑:A- 総:S-

エピソードリンク
第43話「第二のグローバルフリーズはいつ起きるのか」
第45話「ロイミュードの最後の夢とはなにか」

手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの27「夏だ!超絶スター誕生!」

8月 30, 2015 by · Leave a Comment
Filed under: 特撮 

「まるで昔の九衛門を見ておるようじゃ」

西洋妖怪最後の1体はキンジの父と兄の生命を奪ったオオカミオトコだった。復讐を意識するあまり本来の力を発揮出来ないスターニンジャー。
そんな彼に好天爺ちゃんは破門を言い渡して……。

キンジの前に再び現れる九衛門。彼はオオカミオトコを倒すためには自ら妖怪の力を得るしかないと、キンジに妖怪融合の術を使おうとする。
そうか、九衛門があんな姿になっているのは妖怪と融合してるからなのか。

九衛門の誘惑を振り払ったキンジは超絶勝負チェンジャーでスターニンジャー超絶に変身。あれはアカニンジャー超絶の鎧をそのまま移し変えてるのかしら。

キンジは封印の手裏剣を求めていたことも正直に打ち明けるが、爺ちゃんも九衛門のトラウマに怯え過ぎていたということもあり、ようやく正式に弟子として認めてもらえることに。

そして正影不在の隙を突き、九衛門は有明の方から指揮権を移譲されることに。何やら彼には配下の忍者が居るようだが……。
次回から夏休み期間は終わりということで、次回予告の雰囲気が変わってますね。妙にシリアス。

燃:A+ 萌:B+ 笑:B+ 総:A+

エピソードリンク
忍びの26「夏だ!ラストニンジャレース中間発表!」
忍びの28「激走!牙鬼ニンジャ軍団」

おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! <7>

おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! (7) (MFコミックス アライブシリーズ)
作画:葵季 むつみ 原作:村上 凛 キャラクター原案:あなぽん

「端から見たらあんた、とっくにリア充だよ」

2015年8月の新刊。
このまま長く続いてくかと思われたコミカライズもここで打ち止めということで最終巻です。
原作8巻以降の要素を濃縮した上でオリジナル展開で非常に綺麗にまとまっている。これは葵季さんのアイデアなんだろうかね。

大勢の生徒達の前での告白シーンは桃がすんげー可愛いんだよなぁ。これはアカンわ。
お互いに当初の想い人とは違う人を好きになってしまった直輝と桃。周囲の人々の応援もあり、めでたく結ばれることに。
支えてくれる桜井さんと鈴木の友情がアツいんだよなぁ。ちゃんと桜井さんの失恋もフォローされていたり。
いやしかし、バスタオル1枚の桜井さん、けしかんらですね。もっとよく見せたまえ(ぉ

ラストにはホントのちょろっとだけムラサキさんも登場。そうだ、コミカライズ限定でムラサキエンドをやろう(提案)

総評

そんな具合でオタクとギャルの協定関係を描いたファンタジア文庫原作『おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!』コミカライズ全7巻でした。コミックスだけでいうと2年10ヶ月か。

原作の要素上手い具合に抽出した上でオリジナル要素を交えてくれたお陰で良質なコミカライズに仕上がっていたと思う。
原作に負けず劣らず可愛いヒロインズも堪りませんでしたね。

だから、ここまで良いものが出せるなら何故アニメ化しないのかと小一時間。

燃:A 萌:S- 笑:B+ 総:S-

シリーズリンク
おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! <6>(2015/02)

戦姫絶唱シンフォギアGX EPISODE7「輝きを継ぐ、君らしく」

8月 29, 2015 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ 

「翼さん、変なチョキ出して負けてるし!」

切歌と調のギアにもイグナイトモジュールが組み込まれてパワーアップ。マリアはアガートラームを使えるようになった。
新戦力も加わったことだし、特訓だ!ということで水着回です。エルフナインは性別が無いと言いながら上も隠すのね。

ガリーの強襲にアガートラームを纏うマリア。このままイグナイトモジュール抜剣で大勝利かと思いきや、普通に暴走して敗北するという。ズコー

と思ったら、Bパートで即再戦し、イグナイトモードを制御し、見事ガリーを撃破。展開早いよw
しかし、どうにも自動人形は撃破されること自体に意味があるようで……。
それにファラには何やら重要な情報が入ってそうなデータチップを奪われるし……。

最後の最後で、まさかの響のお父さん登場で吹く。感動の再会だったら良かったんだけど、このオッサン、前半で翼が頼んだ避難誘導を即拒否するというクズっぷりを発揮してたんだよな。
それにしてもこの登場、不意打ち過ぎるぜ。1話の中に色々ぶち込み過ぎだろw

燃:A+ 萌:A 笑:B+ 総:A+

エピソードリンク
EPISODE6「抜剣」
EPISODE8「向き合う勇気」

空戦魔導士候補生の教官 第7話「ミストガン・トーナメント」

「敵は確実に進化しつつある」

ようやく原作2巻に突入……なんだけど、トーナメントなんて展開だったっけな。
E601小隊はユーリの率いる小隊に負ければ解散することに……。

妙にレアルの描写が丁寧だから困る。ってか学科長、変態性を表に出していないのにレアルの握手をしれっと無視するとかひでぇなw

燃:C 萌:A 笑:B- 総:A

エピソードリンク
第6話「奪われし空」
第8話「ランクを超えて」

2015年8月GA文庫とHJノベルスとガガガ文庫とファンタジア文庫ダッシュエックス文庫とMF文庫Jとコミカライズ新刊と逮捕

色々溜め込んでいたものを引き取ってきました。ラノベは、

・アルケミストの終焉創造術 <5>
・アイサレワールド I really, truly surrender to you. 冬美原久真部の解決日誌1
・七星のスバル
・デート・ア・ライブ アンコール <4>
・災厄戦線のオーバーロード <3>
・まわせっ!課金戦乙女のヒルデさん
・いづれ神話の放課後戦争 -魔眼の王と屈服女神-
・はてな☆イリュージョン <3>
・緋弾のアリアⅩⅩⅠ 秋霜烈日の獅子
・僕は友達が少ない⑪
・魔剣の軍師と虹の兵団Ⅲ
・異世界ならニートが働くと思った? エルフの姫を奴隷にして世界を支配させます。

それからようやく最新刊に追いつきつつある、

・聖剣使いの禁呪詠唱 <10>
・聖剣使いの禁呪詠唱 <11>
・聖剣使いの禁呪詠唱 <12>

の計15冊。

GA文庫は折り込みチラシでプッシュするシリーズ以外の新刊の内容を省略するようになってました。メディアミックス関係の告知を優先するってことか。

白鳥士郎さんの新作『りゅうおうのおしごと!』と逢空万太さんの新作『出番ですよ!カグヤ様さま』が文庫発売前からコミカライズとドラマCD化決定。
GA文庫も大分、宣伝に金突っ込むようになってきたな……。

更にスーパーダッシュ文庫で『アキカン!』が悲惨なことになった藍上陸さんがガンガンGAで新作『アキハバラ∧デンパトウ』を連載開始。

キャンペーンやイベントの告知では未だに『神曲奏界ポリフォニカ』のコーティが代表キャラとして出て来てるんだけど、まだ何か展開する予定あるのかな。

MF文庫Jでは『落ちてきた龍王と滅びゆく魔女の国』がドラマCD化。気付けば文庫も8冊出てるし、十分アニメ化圏内なんだな。まぁ、戦記ものは当たり難いが……。

コミカライズは、

・俺、ツインテールになります。π <2>
・緋弾のアリア <ⅩⅡ>
・おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! <7>
・聖剣使いの禁呪詠唱 <3>

の計4冊。
俺が買いに行ったことで店の売り上げ目標を突破したとか言われて草。

『テスタメントシュピーゲル』でお馴染みの冲方丁さんが妻へのDVをやらかしたとかで逮捕されましたね。小説と一切関係無い事で捕まんのかよw
まぁ、ハメられたのかもしれないけどさ。

聖剣使いの禁呪詠唱 <9>

8月 29, 2015 by · Leave a Comment
Filed under: GA文庫 

聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> 9 (GA文庫)
著:あわむら 赤光 イラスト:refeia

「おまえもウカウカしてんなよ、百地?」
「才能のなさで言ったら、おまえこそ目も当てられないレヴェルなんだかんな?お互い谷間の世代って笑われないよう、ボンバってこーぜ?」

2014年11月刊行物。約3週間の積み。3ヶ月振りの新刊。
表紙は諸葉とモモ先輩か。モモ先輩、年上ヒロインの筈なんだけど、特に俺のセンサーに反応しないんだよな。あんまりお姉さんって感じじゃないからか。

さて、遂に《異端者》の正体が《救世主》の魂をベースに人為的に生み出されているものだと判明。
捕らわれた仲間達を救うため日本、イギリス、フランスの3支部の合同作戦が開始。

救いだったのは《異端者》にされた《救世主》も助けることが出来るってところだな。
で、暗躍している六翼会議(シックスウイング)の面々。白騎士機関から離反した《救世主》が結成したようだけど、彼等の目的は一体何なのか。

六翼会議が王と頂くのは、どうやらあの《背教者》らしい。学園長とも何やら因縁がありそうな様子……。
田中先生の所属してる組織とは、また別もんなのかしらね。

諸葉達主要キャラだけでなく、実戦部隊の面目の成長具合も窺えるのが良いですね。特にカミー先輩の活躍がアツい。

次は2015年1月に10巻、2月に11巻、6月に12巻、8月に13巻、10月に14巻。

燃:A+ 萌:A 笑:B+ 総:A+

シリーズリンク
聖剣使いの禁呪詠唱 <8>(2014/08)
聖剣使いの禁呪詠唱 <10>(2015/01)

次ページへ »